忍者ブログ

原レオンのスピリチュアルな日々をめざして

あなたの笑顔が好きだから...

ペットは今も生きている

☆ 後に残した者たちの、
  心の中で生き続けるものは、
  死んでなどいない。

     ネイティブアメリカンの言葉 

おかげさまで、札幌より無事に戻ってまいりました。札幌でご縁をいただいた皆様、本当にありがとうございました。札幌はもう冬の気配満々。紅葉もきれいだし、何といっても先祖の地でもあり、私がミディアムとして初めて地方で活動を始めた土地で、いつでも温かく迎えてくださる方々がいらっしゃいますので、大好きで思い入ればっちりなのですが、やはり寒いとなんとなく心寂しくなりますよね。気温って不思議ですね。

本当は今週末から、那覇出張の予定だったのですが、先月の怪我で体調が不安でしたので、取りやめましたが、ソーラーシステムで体が動いている私としては、あたたかい沖縄が恋しくなってきました。来年早々には、沖縄出張実現させますので、沖縄の皆様しばしお待ちくださいませ。いずれにしても、こうして、各地でお仕事をさせていただけるのは有り難いかぎりで、東京はもちろん、あちこちで支えてくださっている生徒さん、お客様、友人知人の皆さんには感謝しかありません。本当にありがとうございます。

さて、今回の札幌では、いつもよりペットのスピリットと通信を取りたいという方が多かったです。最近、秩父の三峯神社さんとご縁をいただきまして、三峯神社のご眷属といえば、狼(犬)ですし、セドナでもコヨーテのスピリットを感じることが多かったそのご縁かわかりませんが、ペットのスピリットについて考えさせれました。

ペットのたちは、いつでもただただ愛の波動でやってきます。その愛情深さには、心から敬服します。どれだけ自分が大切にされていたかを伝えてくることも多いですし、自分がペットというよりも、その家の娘、息子、あるいはパートナーであったと伝えてくることも多いです。

以前、ある猫ちゃんのスピリットが、飼い主さんに「家庭をくれてありがとう。」と伝えてきたことがあります。何のことかと思ったら、その子は猫カフェで働かされて(?)いて、その子を引き取って大切に育てたのだそうでした。また、ある時は、飼い主さんが家で自分の夢に向かって、一生懸命修行している姿を横で見ていたワンちゃんが、「お姉ちゃん、あきらめないで。」と伝えてきたこともあります。

「人間だったらよかったのね。」とか「本当の息子だったらよかったのにね。」と言い続けていた飼い主さんに、人間の青年の姿で会いに来たわんちゃんもいます。病気になって、具合が悪くて、どうしても酸素室に入れないとならなくて泣く泣く動物病院に入院させて、そのまま他界してしまった子に詫びている飼い主さんに、「わかっているから、気にしないで」と伝えてきたこともあります。玄関を開けた途端に飛び出して、交通事故に会った子が、「飼い主さんのせいじゃないから、気にしないで」と伝えてきたり、自分が大好きだったおもちゃや、お気に入りのお昼寝場所を見せてきたりもします。中には、その家庭の旦那さんが、先に霊界に旅立ってしまって、残された家族がとても嘆いていたのを知っていて、霊界に行ってちゃんとその旦那さんを探して、今は一緒にいるから、仲良く元気で過ごしているから、安心して、と伝えてきたこともあります。ミディアムは、仕事中に心を動かしてはいけませんが、それでもあまりの健気さに、思わず涙ぐんでしまうことがあります。

ただ、あまりにも飼い主さんが嘆いていると、「死んでしまってごめんなさい。」「守り切れなくてごめんなさい。」と申し訳ないと謝罪や罪悪感を持って通信してくることもあります。それでは、ペットたちの足を引っ張ってしまい、安心して霊界にいることができませんので、悲しいのはもちろんわかりますが、飼い主さんたちも悲しみからなんとか元気になってもらわないと、逆にペットたちが気の毒なことになってしまいます。

そして、霊界にいる彼らはいつだって、何とかして自分たちが元気であるということを、飼い主さんに伝えようとしているのです。夜中に寝ていて、ふと隣に懐かしい大切な愛するペットのぬくもりを感じたら、、まちがいなく彼らは来ています。あるいは、街でふと見かけたショーウインドウにペットとそっくりなキャラクターグッズがあったり、ふと開いた雑誌にそっくりの写真があったり、テレビをつけたら、そっくりな子が出ていたり、あらゆる方法を使って自分たちは今も生きている、そして見守っているということを伝えてきます。

あるいは、今、一緒にいるペットのしぐさや様子が、霊界にいる子とそっくりだったりする時も、今いる子を通して、自分もそばに来ているよと伝えているのです。

かくいう私も、強いペットロスを経験しました。いくら霊が視えるといっても、自分のことはわかりません。ましてや、強い悲しみで愛猫を霊視できるまで、何年もかかりました。しかたないので、そっくりな猫のカレンダー(はっちゃんカレンダーというのですが)を毎年購入して、見えるところに貼って話しかけ、そして話しかけているとついつい涙ぐんでしまったり。ああしてやればよかった、こうしてやればよかった、だめ飼い主でごめん、心配かけてごめん、とか、「私があの世に行くときは迎えに来てね」などなど、まあ、本当に愛猫にしたら、身勝手な私の考えに「もうやってられないわい」、という感じだったのではないかと思います。

それが、だんだんと気持ちが落ち着いてきてから、タイミングを計ったかのように、不思議と愛猫そっくりの猫を見かけることが増えました。先月も、怪我の後遺症で体調がふるわず、アメリカ行きを取りやめようかと思っていると、これでもかというくらい愛猫そっくりさんを見かけました。

たとえば、街を歩いていて、ふと見上げるとビルの屋上に愛猫そっくりの猫とモデルさんの大きな広告が掲げられていて、驚きつつ歩いていると、数歩先に今度は、雑貨屋さんが道路に商品を並べていて、そこにまたまた愛猫そっくりのペーパーナプキンが売られており、また歩いていくと、都会のど真ん中なのにそっくりの猫が電柱から顔をのぞかせる、お客様がお土産にとくださったものがまたまたそっくりの猫グッズ、もちろんそのお客様は私の愛猫の柄なんてご存じありません。もうあの手この手で、心配してくれていることを伝えているんだなと思いました。これだけ合図を送っているのだから、これはアメリカに行っても大丈夫だろうと行ったら、おかげさまでむしろ元気になりました。

一昨日も札幌から東京に戻り、近所を歩いていたら、本屋さんのウインドー前面に大きく新しい雑誌の広告のポスターが。その名も『ネコとインテリア』。ポスターはもちろん愛猫そっくりの猫が全面に。彼女から私への「出張お疲れ様」のメッセージかなと勝手に解釈して、今年もそろそろはっちゃんカレンダー注文しなくちゃと思いました。ああ、はっちゃんに感謝。

ペットは本当に私たちのことをよく知っています。そして、この世にいる時も、霊界に旅立っても家族であることは変わりなく、私たちに変わりない愛を送っています。私たちがいつか霊界に旅立つときに、必ず迎えに来てくれます。だからこそ、私たちは彼らに心配かけないためにも、元気に笑顔で生きている姿を見せたいですね。もし、ペットロスで辛い思いをしていらっしゃる方がいらしたら、心からそれをお伝えしたいです。

さてペットが今もちゃんと生きているということを知りたい方へお勧めの一冊
『ペットたちは死後も生きている』ハロルド・シャープ著 小野千穂訳
翻訳された小野さんは、動物愛護活動もされている素敵な女性です。アマゾンでも購入できます。

今日あなたが霊界に大切なペットがいたら、その子を近くに感じることの出来る日となりますように。

*最新のワークショップ、個人セッションご予約可能日(東京・地方含む)、イベント情報は最新の記事でご確認ください。*

        


個人セッション内容

  ☆スピリチュアルリーディング(ミディアムシップ、霊査、リーディング)
    先祖、家族、友人、ペットの霊との通信、指導霊、前世、今生の目的のリーディング、
    直感医療等。

    録音可能。録音ご希望の方は、ご自身でレコーダー等をお持ちください。
    料金  1時間 20,000円
    
   *電話またはスカイプによるリーディング個人セッション    
    料金、時間は上記と同じになります。
    電話代は、ご負担いただきます。

  
  セッション代金の一部を、虐待や環境変化などで困難な状況におかれている
  動物達の保護活動を行っている団体(動物愛護協会その他)と森林を守るトラ
  スト(北海道、その他)に寄付させていただきます。


いずれも随時受付
メールの方は、 leonhara@gmail.com まで、お名前、御希望日、ご連絡のつくお電話番号をお書きのうえ、お申し込みください。まれに迷惑メールに振り分けられることがございますので、2,3日経っても返信がない場合は、お手数ですがお電話か別のメルアドからご連絡ください。

お電話は080-5530-9389まで。留守番電話にメッセージをお残しください。呼び出し音が1分続いた後に留守番電話に切り替わります。折り返しおかけいたします。メッセージがない場合は、おかけいたしませんので、ご注意ください。

 *ご注意*
  ・携帯メールからのお問い合わせの際に、パソコンメールからの着信を拒否されている設定  になさっている方は、解除の上ご連絡ください。
   
  ・ご予約のお問い合わせのメールの返信はなるべく早く一両日中にいたしますが、
    そのほかのお問い合わせやご質問のの返信は2,3週間かかることがあります。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

幸せを呼ぶ猫ちゃん

見るだけで幸せ
この猫ちゃん、知人の知人の猫ちゃんだそうなのですが、修正しているわけではなくて、本当なのだそうです。
あ~、会ってみたい!!

プロフィール

HN:
原レオン
性別:
女性
職業:
ミディアム、鍼灸師、ヒプノセラピスト
自己紹介:
ミディアムシップ(霊界との通訳)、鍼灸治療、ヒーリング、ヒプノセラピー(前世療法)、どれも人や宇宙のエネルギーを扱うという点では同じだと思います。最近は、多忙の為ミディアムがメインになっていますが、ご縁があってお会いする方皆さんに少しでも笑顔になっていただきたいと願っています。東京を拠点に、個人セッション、ワークショップ、スピリチュアルイベントを行っていますが、全国および海外でも活動中。
早稲田大学教育学部卒、東京医療専門学校卒

個人セッション(対面、電話、スカイプ)

 1時間 2万円  

ご予約可能なお日にちについては、ブログ記事の最下段をご覧ください。お申込みは、メール(leonhara@gmail.com)またはお電話080-5530-9389まで。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ありがとうございます。

アクセス解析

ブログ内検索