忍者ブログ

原レオンのスピリチュアルな日々をめざして

あなたの笑顔が好きだから...

メッセージはあらゆる形でやってくる

☆ あなたが生きとし生けるものすべてに
  敬意の気持ちを持った時に、
  彼らもまたあなたに敬意を持ってくれる。

     ネイティブアメリカンの言葉 

おかげさまで、無事にセドナより戻ってまいりました。セドナについては、徐々にまたお話をさせていただきたいと思っておりますが、あちらでもたくさんの方々にお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。特に、個人ガイドでは、セラピールーム陽だまりの下野絵里さん、現地ツアーでは、アトラスアメリカの半澤さんに大変お世話になりました。誠にありがとうございました。
このお二方は、お人柄も優しく親切で、セドナに行かれる方には是非お勧めいたします。

帰国して、10月31日ハローウィーンの日は、いつもの1日ワーク『ボディ・マインド・スピリット』でした。ワークでは、スピリットとつながることについて、レクチャー、私の体験談や今回はネイティブアメリカンの言葉も引用させていただいたりしながら、いろいろな側面からお話をさせていただいたり、瞑想や実習を通して、実際に感じたり、練習していただきました。ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

人生は、あらゆる場面で、スピリットからのメッセージを体験する機会があります。それを信じるか信じないかは自分次第です。ただ、私の経験から言わせていただくと、やはり素直に信じる方のほうが人生が劇的に改善しやすいです。

本当かもしれないけれども、勘違いかもしれない、なんて思っているくらいなら、素直に信じた方がスピリットたちもきっと導きやすいのではないかと思います。何でもかんでも信じるのは危険ですが、信じて損にならないのなら、疑ってぐずぐるするより、とりあえず、信じて、進んでみる、それでだめなら、ああ、勘違いだったな、と反省して、また引き返せばいい。

かつて、私の人生は心底みじめでした。お恥ずかしいので、詳しくは書けないくらいに、行き詰り、解決策もなく、来る日も来る日もひたすら目の前にある仕事をしては寝るだけでした。その仕事もいつまであるかもわからなかったし、夢も希望も失っていたし、どうすれば改善できるのかも、やってもやってもわかりませんでした。周囲の友人たちは、一見平和に家庭を築いて、幸せに暮らしているように思えましたし、だれも私のような出口のない暗闇に落ち込んでいるようには見えませんでした。自分だけがまるで暗い井戸の中に入り込んでしまって、遠い太陽を見上げるだけで、這い上がることも、先に進むこともできないように感じていました。家族とも縁が切れたような状態でしたし、その当時音信不通だった妹曰く、「お姉ちゃんがなぜ生きていられるのかが不思議」だったのだそうです。

そんなある日、夜中にふと目が覚め、どこからともなく声がして、「もう少し待っていて。」と言って、その声は消えました。

待っていて、なんて言ったって、もう待ちすぎたし、自分の人生がこれ以上良いほうに変ることなどないし、それでもこうしてとりあえず、仕事があって、雨露をしのげて、ご飯が食べられるのだから、十分ありがたく思わないとならないのだから、これ以上望むことはできないと、と心の中で皮肉にもあきらめにも似た気持ちで思ったのを今でも覚えています。

それから、しばらくして、人生は大きく変わりました。想像もしていなかった展開でした。あの先の見えない井戸の底のような状態から、どうやって変わることができたのか、今振り返っても不思議です。ただ、たくさんのスピリットたちの采配があって、まるで、ビリヤードで一つの球を突くと、次の球が動いて、それが動くことでまた次の球が動いて、というあの感じに似ています。

高次のスピリットたちの視点は、人間の視点よりもずっと先を見ています。私たちの視点は、今日どうしようか、明日どうしようか、せいぜい数年先を見がちですが、彼らはもっと先を見ています。そして、先を見た時に、今目の前にある困難がその人にとって学びになることであれば、じっと見守っています。私たちが泣きながらもがいている時、彼らもまた泣きながら見守っているといいます。まるで、初めて立ち上がって歩き始めた子供を親がそっと見守っているかのように、見守りながらも、いざ、本当に転びそうになるとそっと手を出してきます。その時に何か見返りを求めたりはしません。そこにあるのは愛だけです。

そして、私たちを守ってくれているスピリットたちは、いつも私たちに合図を送っています。一度見落としても、勘違いだとスルーしても、また辛抱強く、送ってきます。

実は今回のセドナ行きも、1年以上前に夢の中でのスピリットとの会話が始まりでした。夢の中でセドナにまたいらっしゃいとガイドの声がして、そうはいっても、そう簡単には行けませんので、何度もやめようと思いました。断念するたびに、ちょっとした人の一言、目にするもの、夢、あらゆるものを通して、メッセージはやってきました。どうしてそこまでして行く必要があるのかわからないままに、やっと実現することになり、そうなるといろいろな人たちのタイミングが合いはじめ、現地では、想像もしなかった様々なことが実現しました。スピリットたちは、1年以上前にそうなることを知っていたからこそ、何度も来るようにとメッセージを送ってくれたのだと思うと、有り難さでいっぱいでした。

スピリットたちは、これこれこのようなことがあるから、来なさい、とは基本的に言いません。実際に私たちが自分で行くことを決めて、計画を立て、実行に移すことで、初めて全容が明かされるということが多いです。これは旅に限らず、人生全般に当てはまります。よくセッションで未来の展開が知りたい、とおっしゃる方がいらっしゃいますが、スピリットたちが教えてくれるものとそうでないものがあります。本人がそこに向かって、行動を開始することで、初めて明かされることもたくさんあるのです。DVDの先送りのように何でも見せてくれるわけではありません。

今日、あなたがスピリットを信じて、自ら行動を起こすことの出来る日となりますように。

*最新のワークショップ、個人セッションご予約可能日(東京・地方含む)、イベント情報は最新の記事でご確認ください。*

        


個人セッション内容

  ☆スピリチュアルリーディング(ミディアムシップ、霊査、リーディング)
    先祖、家族、友人、ペットの霊との通信、指導霊、前世、今生の目的のリーディング、
    直感医療等。

    録音可能。録音ご希望の方は、ご自身でレコーダー等をお持ちください。
    料金  1時間 20,000円
    
   *電話またはスカイプによるリーディング個人セッション    
    料金、時間は上記と同じになります。
    電話代は、ご負担いただきます。

  
  セッション代金の一部を、虐待や環境変化などで困難な状況におかれている
  動物達の保護活動を行っている団体(動物愛護協会その他)と森林を守るトラ
  スト(北海道、その他)に寄付させていただきます。


いずれも随時受付
メールの方は、 leonhara@gmail.com まで、お名前、御希望日、ご連絡のつくお電話番号をお書きのうえ、お申し込みください。まれに迷惑メールに振り分けられることがございますので、2,3日経っても返信がない場合は、お手数ですがお電話か別のメルアドからご連絡ください。

お電話は080-5530-9389まで。留守番電話にメッセージをお残しください。呼び出し音が1分続いた後に留守番電話に切り替わります。折り返しおかけいたします。メッセージがない場合は、おかけいたしませんので、ご注意ください。

 *ご注意*
  ・携帯メールからのお問い合わせの際に、パソコンメールからの着信を拒否されている設定  になさっている方は、解除の上ご連絡ください。
   
  ・ご予約のお問い合わせのメールの返信はなるべく早く一両日中にいたしますが、
    そのほかのお問い合わせやご質問のの返信は2,3週間かかることがあります。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

幸せを呼ぶ猫ちゃん

見るだけで幸せ
この猫ちゃん、知人の知人の猫ちゃんだそうなのですが、修正しているわけではなくて、本当なのだそうです。
あ~、会ってみたい!!

プロフィール

HN:
原レオン
性別:
女性
職業:
ミディアム、鍼灸師、ヒプノセラピスト
自己紹介:
ミディアムシップ(霊界との通訳)、鍼灸治療、ヒーリング、ヒプノセラピー(前世療法)、どれも人や宇宙のエネルギーを扱うという点では同じだと思います。最近は、多忙の為ミディアムがメインになっていますが、ご縁があってお会いする方皆さんに少しでも笑顔になっていただきたいと願っています。東京を拠点に、個人セッション、ワークショップ、スピリチュアルイベントを行っていますが、全国および海外でも活動中。
早稲田大学教育学部卒、東京医療専門学校卒

個人セッション(対面、電話、スカイプ)

 1時間 2万円  

ご予約可能なお日にちについては、ブログ記事の最下段をご覧ください。お申込みは、メール(leonhara@gmail.com)またはお電話080-5530-9389まで。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

ありがとうございます。

アクセス解析

ブログ内検索