忍者ブログ

原レオンのスピリチュアルな日々をめざして

あなたの笑顔が好きだから...

死んでも生きている人達

☆    幸いなことに、今日、どんな自分になるのかは、
   昨日、どんな自分だったかで決まるわけじゃありません。

              ジル・ボルト・テイラー『奇跡の脳』

    
上記の『奇跡の脳』という本は、アメリカの脳科学者が37歳で、脳卒中になり、そこから回復する記録が書かれたものです。これには、左脳、右脳について、そして、私たちがどんな選択をしていくかによって、人生は劇的に変わるのだということが書かれています。そう、私たちは、自分でどんな自分になれるか決定する権利があるのです。

リーディングをさせていただいていますと、相談者の方の体に家族や近しい人たちのエネルギーがコードのように巻きついていることがあります。体の一定の臓器や部位にまるでゴムホースのようにくっついていることもありますし、体中をぐるぐると霧のように巻きついていることもあります。
もちろん、そんな状態では、ご本人も自由に自分らしく生きることは難しくなってしまいます。
その多くは、支配的は親であったり、場合によっては配偶者、配偶者の両親(姑、舅)、知り合いであることもあります。

これは、「生き霊、実存思念」とは違います。相手を気にするあまり、知らぬ間に相手とつながってしまって、ときにはエネルギーを相手に取られていたり、自ら送ったりしているのです。特に支配的な人は、強引にこちらにコードをつけようと割り込んでくることもあります。そして、いつの間にか、それが当たり前になってしまって、依存状態を引き起こしていることもあります。

たとえば、いつも自分のことを認めてくれない親になんとか認めてもらおうと、なんでも積極的にまじめにやってきた人がいるとします。でも、これは基本的に親に認めてもらうためなので、自分の為ではありません。
そして、ある日、自分がやっていることは親の評価を得るためであり、自分の本心からの希望ではなかったんだと気がつきます。すると親とつながって、親にエネルギーを与えていたコードは切れて、そこから本当の意味での人生が始まります。あるいは、切ったことでまた親がつながってこようとしても、本人が毅然と自立していけば、それ以上の影響は受けずにすみます。しかし、ずっと気付かない場合。たとえ親が死んでもその思い込みは続きます。つまり、自分のエネルギーの中では親とつながったまま、もうこの世には存在しない親にエネルギーを送り続けるのです。

あるいは、「姑に散々いじめられて、それでも仕えてきた。やっと亡くなったと思ったら、旦那が今度は姑に見えてきた。自分ももういい歳になり、残りの人生も長いわけではない。なので、せめてこの思いから解放されて安らかに死にたい。」とおっしゃる方がいらっしゃるとします。この場合は、考えられる可能性のいくつかをあげてみると、

1.姑に支配されつながれていたコードが、姑の死後も恐怖が抜けずつながったままになっている。
2・姑に支配されてつながれていたコードは、姑の死で切れたと思ったけれども、実際は姑の言うなりになっている旦那が問題であることに気がついた
3.長年姑に支配され、つながっていたコードがなくなると自分のエネルギーが自由になるが、それが逆に怖くてそのままになっている。(依存状態)そして、姑に近い旦那を姑に見立てることにした。
4.コードがなくなって自由になるとエネルギーがどこに行っていいかわからず、今度は旦那と姑の分も強くコードを結んでしまっている
などなどが考えられます。もちろん他の可能性もあります。
原因が1、3の場合、姑は死んでいても、エネルギーの中では生きて、いまだにこの世にいる人を支配し続けることになります。
エネルギーを霊視してみると、はっきりします。たいていの場合は、まだ相手の方と霊的につながっているからです。つまり、亡くなっても、その方の中ではまだ生きているということになるのです。

そういう場合は、ご自分の中でそれを認識して、「姑は霊界に旅立ったのだ。私は彼女との関係においていろいろと学ぶことがあった。でも、それももう終わったのだから、次のステップに向かって自分の人生を歩いていこう。自分のエネルギーで自立して、歩き出そう。」としっかりと、自分に言い聞かせることです。場合によっては、手放すワークがよりそれを助けてくれることもあります。

来週土曜日9月17日(土)19:30~21:30、アイイスで行われる、『セルフトランスフォーメーションとスピリチュアルギフト~自己変容と霊界からのギフト』と、その後の4回のワークでは、今でも影響を与え続けている人とのコードを認識し、解放するためのワークも準備しています。ご興味おありの方は、アイイスまでお願いします。

詳しい内容はここをクリックしてください。

明日は、アイイスにて10時からサンデー・サービス、そして19時からはアウエアネス(霊性開花)上級クラス第1回目になります。
『ヘルスケアインテュイーティブクラス』『9月23日陰ヨガと瞑想ワーク』いずれも定員間近ですので、ご希望の方はお早めにお願いいたします。
皆様にとって楽しい週末となりますように

IIS国際スピリチュアリズム協会での活動*
          →クラス、ワークは、
6月22日、7月3日の記事をご参照ください。         

*IISでのサンデーサービスは、9月11日、18日、10月2日、16日、11月13日になります。


*東京都内表参道にて個人セッション 
  先祖、指導霊、前世、今生の目的のリーディング、直感医療等
  録音可能。録音ご希望の方は、ご自身でレコーダー等をお持ちください。
  リーディングの詳しい内容は、こちらをクリックしてください。

    料金 50分 12000円
        80分 15000円
       110分 20000円

*電話またはスカイプによる個人セッション    
  料金、時間は上記と同じになります。
  電話代は、ご負担いただきます。
  
いずれも随時受付
ご希望の方は、 
leonhara@gmail.com 
または080-5530-9389まで。





 

PR

コメント

1. 無題

私ごとになりますが 若い時から亡くなった方を送る仕事をしています 不思議な体験も多々あり このような世界の存在も薄々感じていました 最近にリーディングを受ける縁があり やはりと確信致しました これからも身を引き締めて 旅立たれる方々をお送りするお手伝いをして行くつもりです 今後のご活躍をお祈り致します

コメントありがとうございます

>送り人さま、コメントありがとうございます。愛がなくては決して続けることのできないお仕事をなさっていらっしゃるのですね。私もあちらの世界は必ずあると思います。ただ、目に見えないだけで、目を閉じればいつでもそばに感じることはできるのだともいます。多くの魂を救われるお仕事、素晴らしいです。これからもますます愛と光に満ちた日々となりますように。原

幸せを呼ぶ猫ちゃん

見るだけで幸せ
この猫ちゃん、知人の知人の猫ちゃんだそうなのですが、修正しているわけではなくて、本当なのだそうです。
あ~、会ってみたい!!

プロフィール

HN:
原レオン
性別:
女性
職業:
ミディアム、鍼灸師、ヒプノセラピスト
自己紹介:
ミディアムシップ(霊界との通訳)、鍼灸治療、ヒーリング、ヒプノセラピー(前世療法)、どれも人や宇宙のエネルギーを扱うという点では同じだと思います。最近は、多忙の為ミディアムがメインになっていますが、ご縁があってお会いする方皆さんに少しでも笑顔になっていただきたいと願っています。東京を拠点に、個人セッション、ワークショップ、スピリチュアルイベントを行っていますが、全国および海外でも活動中。
早稲田大学教育学部卒、東京医療専門学校卒

個人セッション(対面、電話、スカイプ)

 1時間 2万円  

ご予約可能なお日にちについては、ブログ記事の最下段をご覧ください。お申込みは、メール(leonhara@gmail.com)またはお電話080-5530-9389まで。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

ありがとうございます。

アクセス解析

ブログ内検索